期日前投票❗

姑・花子と昼食後、選挙に行くことになった。90歳の花子さんは歩くだけで大変です。投票所で私に「お前、書いてくれよ」と言ってまわりをあわてさせていました。
d0105307_00315607.jpg

# by annyon_b | 2017-06-24 00:17 | 日常

アラブの歌コンテスト映画

「歌声にのった少年」、パレスチナのガザから、アラブ世界の歌コンのトップになる実話。長い年月と、国外にでる危険と。子どもたちの価値観の違いがおかしい。歌には圧倒されました。
d0105307_20542637.jpg


# by annyon_b | 2017-06-23 20:41 | 映画

横浜kaatで

今日は初めての「劇団四季」でした。観るのも体力いる。バタークリームケーキみたいだった。私には重すぎた。
d0105307_18441264.jpg

# by annyon_b | 2017-06-15 18:39 | 日常

東京駅で「アドルフ・ブェルフリ 二萬五千頁の王国」を

スマホで投稿初めてです。どんな風か明日、確認しよう。アドルフさんにはビックリでした。「うわ、草間彌生だ!」と最初の絵を見て思った。
d0105307_01181160.jpg

# by annyon_b | 2017-06-12 01:13 | 旅行

人柄が好ましく、スの反応、感想で笑った



d0105307_22054354.jpg
  KAL(大韓航空)東京支社で働く男性と有楽町で知り合い、結婚して韓国へ。ご本人の努力ことには触れずに、出会った人々、友人との会話や、アルバイト、ころがり続ける生活の流れが面白い。
  考えの合わないとこも、平気で、そうなんだから言われてもね、な、どこ吹く風なのです。
  人とのお付き合いも丁寧で、ステキ。

# by annyon_b | 2017-04-21 22:06 |

映画三昧の日々を送っています

アカデミー賞で、やな思いをお互いにした「ラ、ラ、ランド」と「ムーン・ライト」。ムーン・ライトはいつまでも、ジーンとくるのです。ララ、ラ、ランドは幸せにしてくれる。「スノーデン」は本当にリアル恐怖を感じさせてくれる。「息の跡」、の強靭、柔軟、kyなんてなんのその、なカッコよさを再確認。   映画のチカラ、映画好き。

# by annyon_b | 2017-04-16 03:07

韓国映画「哭声」(コクソン)をシネマジャック&ベティに見に行く


d0105307_22274828.jpg



    おどろおどろしいんですよ、韓国映画のひとつの流れ・・・。
それで、結論は考えても手探りの闇のなか…。2時間の長丁場でモヤモヤ~、でも、面白い!、パワー!。



    これまで「チェイサー」「哀しき獣」っていう好みの映画の監督ナ・ホンジンさん。やっぱり、暗くて笑えてドロドロで強く報われない。




     今日は、中華街観光と映画の横浜。大岡川の桜並木、もうちょっとです。 


   日本の俳優・國村さんは最後に悪魔になっちゃったけど、どうなの?、映画おわっても、いつまでもこだわり続けてしまう内容です。


# by annyon_b | 2017-03-30 22:57 | 映画

「王とサーカス」、一気に読む、ネパールが舞台でした

d0105307_22304676.jpg







     一年前ぐらいに話題になった本だと、図書館ですぐにリクエストに反応があります。まぁ何人も待つっていうのも、楽しみなのですが、。


     この「王とサーカス」、カトマンズ王室での王子の銃乱射事件という本当に起こったことを下敷きに書かれたもので、一気に読みました。土埃りとか、路地とゴミなどが脳内にリアル浮遊。



   「戦場のコックたち」とかこれとか、ホントに小説っていいな~。

# by annyon_b | 2017-03-27 22:39

三浦マラソン・ゲットの…

d0105307_21300737.jpg


    夢に終わった、三浦国際市民マラソン。朝、スタートを見に行った。
    引き換え券でもらった、大根とTシャツ。

    ところで、ブログの入力設定が変わったので、うまく出来なくてじれったいです。



   


# by annyon_b | 2017-03-06 21:38 | 日常

映画「リリーのすべて」、こんなだったんだ

d0105307_22181166.jpg

d0105307_23234364.jpg

分かり易く、今の言葉で話してた。知識としては知っているけれど
トランスジェンダー、性同一性障害は計り知れない辛さだと思う。
初めて、性転換手術をした男性。心のうねりに自身も分からずに行動していく。妻も共に苦しみながら、、、。



# by annyon_b | 2017-02-26 23:25 | 映画

残念感は来年に・・・

d0105307_2139355.jpg


スキーで右肩骨折して手術して4日目からリハビリです。




作業療法士さんはマラソンをするお嬢さんでした。三浦マラソンの話しとかで盛り上がりました。『ランナー』という雑誌の1月号には、全国の大会一覧が付録についてますよ~、なんてツウの情報がわかりました。




     ケガの完治は4、5ヶ月かかるそうだけど「来年ですねっ」と前向きに言ってもらえ、夫は「来年は違うスキー場にしよう」と言ってくれる。手術まえに来てくれた友達にココロがやすまったり、痛かったけど、でも前向きです。

# by annyon_b | 2017-02-18 21:39 | 日常

しゅんでる内容、・・感動・・・『戦場のコックたち』

d0105307_22142557.jpg



       日本の女性作家が、第二次世界大戦中の米軍のキッドという19才の男の子を主人公にした、こんな素晴らしい本を書いたことに感動。




   
         印象的な戦争映画が頭に浮かぶ。残酷や友情や言葉にできない葛藤・・。しかし、一瞬で目にする映像ではなく、文字を追って脳内に入る自分のつくるイメージ、これがすごかった。



         理不尽さ、やりきれなさ、喜びもあったけれど怒りはもっとあった、本当に素晴らしい本を感謝します。
# by annyon_b | 2017-02-16 22:15 |

なんと、!

d0105307_23121918.jpg





            この写真を撮ったあと、ガーラ湯沢の駅までスキーで降りて……と思っていたら、、、。



  
            途中でころび。右肩骨折、トホホ、、。いたたた…。最後に滑ろうって時に、ケガしやすいんだよね~、と病院に乗せてってくれたタクシーのおじさんが申しておりました。


            月曜日、手術です、三浦マラソン走れません。残念です、、、、、、。
# by annyon_b | 2017-02-10 23:13 | 旅行

やさしい手作り生地

d0105307_22122847.jpg



         伝わるかなぁ~、この写真。可愛さ♥、、



         思い出いっぱいの大好きなキレに、裏を縫い付けて、友達たかちゃんがプレゼントしてくれました。麻ひもでクルッとゆわってちょうちょ結び。



        
          日々を心地よく暮らそうとしてるたかちゃんの素敵さが伝わりました。うれし~、どうやって使おうか、あれこれ試してます。
# by annyon_b | 2017-02-06 22:24 | 日常

猪、すっごく食べたくて…

d0105307_21413827.jpg




         かつて一度食べたイノシシの味が忘れられず、ず~っと焦がれていた。



   

         千葉県で『房総ジビエフェア』がある、という新聞記事を読んで、フェリーで海を渡り“ジビエ丼”を食べ、猪肉カツを単品で頼んだ。念願叶った。
# by annyon_b | 2017-02-06 21:56 | 旅行

消化するには時間が必要、映画『沈黙』

d0105307_23401813.jpg



         映画を見てから5日目。ずっ~と、もやもや。なんだろう、この分からなさは。引っかかるものがあるんだ。



             考える。新聞の映画評や、「愛と許しのドラマ」という記事を読む。




          疑問なところが文章化出来てきた。当時の布教をされた人たちは、仏教では救われなかったのか、禁止されて拷問をうけても行けるという“パライソ”は日本の宗教にはなかったのか?。そこらへんです…。
# by annyon_b | 2017-01-30 23:41 | 映画

なぜか、長野まゆみ本多い?。読んでみました

d0105307_2264965.jpg  


         前から思っていた、久里浜の図書館に “長野まゆみ”の本が他の作家さんよりずいぶん多くないかなぁ?。何十冊もあるような。リクエスト多かったのかな。職員のヒイキの不正?、とかちょっと思ってるんだけど…。





イメージとして、アメフラシとかキツネノボタンとかが登場する内容かと思ってた。




         装丁がかわいくて、題名『ささみみささめ』という字面もかわいくて、本を借りた。思いのほかの内容で、心理とか人の有り様みたいな内容だった。
# by annyon_b | 2017-01-29 22:07 |

初場所12日目、国技館に行く

d0105307_22503755.jpg


       稀勢の里、よかったね、勝って優勝。テレビ見てて、涙が滲みました。




       ちょっとブーム来ていた大相撲。はじめて国技館に行った。2週目の木曜日、チケットぴあで予約の予約をして、抽選待ちで椅子B席。ドヒョー遠い、遠~い。目が悪くて、双眼鏡で番付表と土俵を交互に見ました。





        早く着いたので、食事したあと両国さんぽ。回向院で友達が時代劇うんちく教えてくれて、その後、相撲部屋(今はビルでした)をいくつか見て回りました。いい感じ、両国。 
# by annyon_b | 2017-01-23 22:52 | 旅行

5キロマラソン、初めての外練習

d0105307_2244571.jpg


          いよいよ今年になって、3月5日が三浦マラソンです。はじめて外を走りました。



          「ジムで走っている人は外では走れない」とか、「外は全然ちがう」など耳にしていたのですが。感想は、…いつも1時間とか歩いているので、わりと、そと平気だった。…ていうか、速度が歩きぐらいだし…。



         
          それより、この長時間、みんな何考えてんだろう、と思った。けっこう長いよ、駅伝にしたって…。競技の人たちは、イヤホン付ける訳にもいかないでしょうし、、。私は何か聞きながらです。そんなこんなしていても、血圧の薬とは長い付き合いとなっています。
# by annyon_b | 2017-01-13 22:44 | 日常

展覧会で、“実は……”なこと

d0105307_2057133.jpg






           こないだの美術展で思ったのですが、途中で出て来る動画のビデオを見るの、結構めんどくさい。担当デザイナーのインタビューとか、ちょっと歩くと創業者のテレビ取材映像やらなんや…。



           これまでの大きい展示会場では、見て回ったあと、最後にちょっと長いビデオ映像のあるのが定番だった。今は、そこここに動画、10分かそこら時間が把握できず、立ち止まるのもなんか面倒い。できれば平面でお願い。



           写真は、楽しみにしている日曜の朝の“佐野洋子さん”のお言葉5分番組です。
# by annyon_b | 2017-01-09 20:58 | 日常

やっと冬休みの自由時間、美術館をまわる

d0105307_2183199.jpg



          恵比寿の東京都写真美術館にタイの「アピチャッポン・ウィーラセクタン 亡霊たち」展に行こうと調べていたら、渋谷のブンカムラで「マリメッコ展」、両方行こう。



          渋谷の道をすっかり忘れてて、交番で道を尋ねた。しかも、ブンカムラの中でも迷子みたい、出口をひとり、心細く探す羽目に。ひとりを満喫!。



 
          展示品に没頭できた。マリメッコ、ウニッコ、言葉がキュート!、カラフルで繊細。タイのアピチャッポンは、純情で、現在のそこここ、過去や未来やパラレルを自分に取り入れて生きていた。


        
# by annyon_b | 2017-01-06 21:04 | 旅行

アマゾンの深淵のひとかけが…「彷徨える河」

d0105307_22122858.jpg


         圧倒的な映画だった。お正月行事が終わり、念願の日の出町のシネマリン。パンフレットの人物写真のパワー、こりゃ見なければ、と思わせられる!。



  
         エピソードふたつが心に刺さる。映画「ミッション」とかでキリスト教の布教の困難さを知ったけれど、逆から見れば、裸でよかった暮らしに衣服を着せられ、そして言語を奪われ伝統を奪われた。




         もう一つ、科学者はコンパスを原住民に見せたばかりに奪われてしまう……。「彼らはこれまで星を見て、自然の中で生活を決めてきたのに、それが忘れられてしまう…」と危惧するのを「知識欲を持ってはいけないのか?」と問うカラマカテ。


         肉体、伝承、知恵、記憶、地のちから、見えないちから、……そのようなものが満ち満ちていた。
# by annyon_b | 2017-01-04 22:12 | 映画

お正月です

d0105307_2326538.jpg




          あけましておめでとうございます。



      
          年の始めに、もうトラブルメーカーによって親戚の集まりがイヤな雰囲気……、。あ~あ、これだもんなぁ~、。



          そういうことを学んで 事が起こらないように万全をつくす、ですなぁ、今年。みな様、今年も健やかに過ごしましょう。
# by annyon_b | 2017-01-03 23:27

年末ワヤワヤ

d0105307_224011.jpg


      12月30日、今日は神棚を掃除してお飾りをつけて、おせちの数の子の薄皮なんかを剥こう、てなことを思う朝なのでした。



     
           そこに電話のコール音。「…トイレが詰まったんだよ…、流れないんだよ…。」と姑・花子89才の声が…。「!!今いく!」、夫をみて「行くよっ!」。トイレにある「ズッッポン」(みたいな器具)を掴んで。




           その後は怒涛のイチニチ。放水ノヅルを直し、韓国のお餅「トク」とお花を買い、お飾りを付けて「これで正月大丈夫だ」と安心させて家に戻り、料理を作っています。いろいろあって楽しいね。
# by annyon_b | 2016-12-30 22:37 | 日常

始まりの章で大笑いした本、『咲ク・ララ・ファミリア』

d0105307_228455.jpg

    娘の家庭教師と駆け落ちしたお母さん、四人姉妹と62才のお父さん。お父さんは“西園寺薫”と結婚するという。



       “西園寺薫”さんは美しく、家族に恵まれなくて、美しい翻訳家の男性。目に浮かぶ…。


   
        皆の言い分が笑いを誘うし、納得のいく発言でどんどんページが進んだ。ところで、年寄り父さんが結婚すると宣言すると、娘達は「いびり倒してやる」と言ってたのに、美しい男性が現れると、ま,いっかな空気。ありそうですね。
# by annyon_b | 2016-12-27 22:12 |

『ダメ田十勇士』、発見。

d0105307_22374342.jpg


         終わってしまったNHK大河『真田丸』。


   
         最終回の日、定刻ではないときに真田丸っぽいのを見た。そのメンバーが本編に出ていて、ハテナ?。 松村邦洋くんの喋る「ラジオびばりー昼ズ」を聞いて、それが『ダメ田十勇士』って知った。





         メンバーは濃く、かっこいいドラマ。三谷幸喜、映画はぜんぜん面白くないけど、テレビはわくわくする。
# by annyon_b | 2016-12-26 22:45 | テレビ

午後は「エビバディ・ウォンツ・サム」を見に

d0105307_22392272.jpg

         午前中、姑・花子89才が整形外科に行ってくれ、というので約束の時間に迎えに行く。夫はカリカリ、なんの準備もできていないからなのだった。まあ、これって日常茶飯……。




 そういうこともあるだろうと、それだけで1日を終えないように映画の時間を調べていた。




          中野翠さんが高得点を点けたという『エブリバディ・ウォンツ・サム』、おバカ映画のジャンルだけど、「マイ・シャローナ」の出だしとラストのラップに、ひねりが効いてるなぁと思う。自分クロニクルとドンピシャで笑えた。
# by annyon_b | 2016-12-25 22:43 | 映画

豹のカイロ

d0105307_20421866.jpg

        KOUちゃんに貰った“豹柄のカイロ”。夜な夜な電子レンジでチンして使っています。


        先日はジムで40分、ゆるゆるでも走ることができたので、“ウォ~、完全復活!”とか、自分で思って嬉しかった~。しかし、時速6km,って、歩きですか?な速度です。い~んです、無理しない。



         お嫁さんがきて初めてのお正月にドキドキしていたり、今週、次男が泊まるから緊張したり、今年も姑・花子89才は元気一杯だから振り回されるな、と少々肩を落としている、そんなこの頃。


        
# by annyon_b | 2016-12-19 20:48 | 日常

もう、年末が走って来てる

d0105307_22124130.jpg

         女子なので、所属するサークルの早めの忘年会があったり、演劇鑑賞会や韓国語の授業や仕事の月末の経理など、ハラハラとときは過ぎる。



         ゆっくり、とかしてるけど、してない気分。なんだか……。自分の精神がせわしないんだと思う。

        
         猫のめいちゃん、『裸のマハ』 です。
# by annyon_b | 2016-12-11 22:16 | 日常

ジム、再開

d0105307_2114145.jpg


          12月1日に接骨院で、先生よりお墨付き。坐骨神経痛、治りました。一ヶ月半でした。


       
           これまでジムでは、少しヨガなどしましたが、今日から早足、ちょいジョギング、再開、20分。3月のマラソンに気持は向いてます。




           写真は宮城県塩釜の“杉村惇(じゅん)美術館”の休憩所みたいな処に置いてあった、絵のモチーフを立体にしたもの。絵画的、ヒカリと陰を入れてあって、笑えた。とてもイイ、アットホームな美術館だった。



 
# by annyon_b | 2016-12-05 21:19 | 日常